Webプログラミングの需要が高まり、もはや必須ともなりつつあるWeb制作の業界においては、phpプログラミングができる人材が不可欠となっています。
それに加えて需要が高まっているのがjavaプログラミングであり、両者の需要が違ったニーズから互いに高まってきている状況があります。

phpは古くから多くの担い手がいるため、未経験者の採用はあまり行われなくなってきています。
しかし、卓越した能力を持つ人材が求められている現場は少なく、あまり複雑ではないプログラムを深く悩むことなく、容易に制作できるということが受容しされる傾向があります。

一方で、javaプログラマは不足している状況が続いていることから、未経験者でも採用されて現場で学べる環境が整えられていることが多々あります。
最終的に求められている能力は高く、複雑で高度なプログラムを熟考しながら作り上げていくことができるようになることが必要です。

より高度なプログラミングが可能であるjavaであるからこそ、それを扱うプログラマにも高い要求が課される傾向があります。しかし、その需要の高さゆえに、職を求める時点では比較的経験が浅くても構わないとされているのです。
高度な能力は求められないものの、すぐに現場で働ける即戦力であることを求められがちなphpプログラマとは大きなギャップがあります。
新たにWebプログラマとなることを目指すには、どちらを取るかが大きな選択になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です